読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画などについて書こうかなとおもっています。

パワプロ2016

実況パワフルプロ野球2016 (特典なし) 出版社/メーカー: コナミデジタルエンタテインメント 発売日: 2016/04/28 メディア: Video Game この商品を含むブログを見る 最近PS4をできる環境が整ったので、パワプロ2016を買った。ちなみに期間限定のLINEのクーポ…

2016年4月の読書

世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫) 作者: マイケル・ルイス 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/01/15 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件) を見る 2016年4月の読書メーター読んだ本の数:3冊読んだページ数:1008ペー…

AI囲碁 - 『WIRED』Vol.22 「人類と人工知能の頂上決戦:目撃者4人の証言」

ヒカルの碁 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) 作者: ほったゆみ,小畑健 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2012/11/16 メディア: Kindle版 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る WIRED(ワイアード)VOL.20 [雑誌] 出版社/メーカー: コンデナス…

『亜人』から考える生と死の境目

www.youtube.com NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2016年 4月号 [雑誌]作者: ナショナルジオグラフィック出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社発売日: 2016/03/30メディア: 雑誌この商品を含むブログ (2件) を見る …

はてなダイアリーからの移行について

d.hatena.ne.jp 上は以前からあるはてなダイアリーの方のページ。 ダイアリーからはてなブログへ移行しようと考えていたのだけど、はてなダイアリープラスからはてなブログProへの引き継ぎができないなど、諸々の原因があって、ひとまずはダイアリーもブログ…

藤沢周が語る「なぜいま武蔵無常を論じるのか」

武蔵無常作者: 藤沢周出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2016/04/01メディア: Kindle版この商品を含むブログ (2件) を見る よく行く紀伊國屋書店に行ったら、藤沢周さんの新刊『武蔵無常』が何か所かに面陳されていて意外だった。けっこう注目されている…

『シンギュラリティ 人工知能から超知能へ』を読みながら考えたこと

シンギュラリティ:人工知能から超知能へ作者: マレー・シャナハン,ドミニク・チェン,ヨーズン・チェン,パトリック・チェン出版社/メーカー: エヌティティ出版発売日: 2016/01/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る ■人間と…

『バットマン vs スーパーマン』の感想

マン・オブ・スティール [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント発売日: 2016/02/24メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (10件) を見る 『バットマン vs スーパーマン』をIMAXで観てきたけどなんか疲れた。 ジェシー…

『マネー・ショート』と『ジャッキー・コーガン』

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』予告編 ブラッド・ピット製作・主演の『ジャッキー・コーガン』は表面的にはギャングの闘争を描いていて、予備知識なしで観た日本人には全く分からないくらいに、サブプライム住宅ローン危機からのリーマン・ショックを…

2016年3月の読書

ぜんぜん読めていません。 2016年3月の読書メーター読んだ本の数:3冊読んだページ数:1191ページナイス数:63ナイス 幽霊塔 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)の感想 はじめての江戸川乱歩。奇怪なミステリーでドロドロした不気味さが味。ミステリーとグ…

最近Amazonで観た日本のドラマ

勇者ヨシヒコと魔王の城【テレビ東京オンデマンド】メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログ (1件) を見る勇者ヨシヒコと悪霊の鍵【テレビ東京オンデマンド】メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログ (1件) を見る●「勇者ヨシヒコ」シリーズ 山田孝…

ピンポン山田

ここ3週間くらいループしている寝過す土曜日だけど、また寝過して午前中しか開いていない土曜日の耳鼻科に行けなかったということもあって(というか、そのせいにして)、何もやる気がしない土曜日ながらも、洗濯をしてご飯を炊いたけど、掃除までは至らな…

The Field - The Follower

The Followerアーティスト: The Field出版社/メーカー: Kompakt発売日: 2016/04/01メディア: CDこの商品を含むブログ (2件) を見る The Field(Axel Willner)の新作"The Follower"が2016年4月1日に発売。2013年の"Cupid's Head"以来のアルバム。楽しみ。ライ…

まだ誰も知らない山田孝之 『実録山田』

実録山田作者: 山田孝之出版社/メーカー: ワニブックス発売日: 2016/03/12メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (3件) を見る 山田孝之さん( @yamadatakayuki_ )の『実録山田』買ってしまった。とりあえず、序文はかなり面白い。握り飯か…

藤沢周による宮本武蔵 「武蔵無常」

武蔵無常作者: 藤沢周出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2016/04/01メディア: Kindle版この商品を含むブログ (2件) を見る 藤沢周さんの「武蔵無常」を読んだ。『文藝』の春季号(2016年2月号)で。 【長篇一挙掲載】藤沢周「武蔵無常」(240枚) 勝って…

アニメの『ピンポン』をまた観た

ピンポン(1) (ビッグコミックス)作者: 松本大洋出版社/メーカー: 小学館発売日: 2012/09/25メディア: Kindle版購入: 2人 この商品を含むブログを見る TVアニメ『ピンポン』PV アニメの『ピンポン』をまた観た。 一ヶ月くらい前に、急に読みたくなって漫画…

Instagramは写真を殺す

インスタグラムのアカウント持ってないけど、ベッカムの息子のBrooklyn Beckhamのインスタの写真なかなかいいな。若者たちのポートレイトがかなり様になってる。写真家志望らしい。 @brooklynbeckham まぁしかし、いつになってもインスタグラムは好きになれ…

2016年2月の読書

2016年2月の読書メーター読んだ本の数:5冊読んだページ数:1687ページナイス数:69ナイス ■フィクション ジャッキー・コーガン (ハヤカワ文庫NV)の感想 原作の『Cogan's Trade』は73年刊行でブラピ主演の映画が2012年に公開。一度目に映画を見た時、どうや…

『IMA』Vol.15と『ナショナルジオグラフィック』3月号が一緒に届いた。

IMA(イマ) Vol.15 2016年2月29日発売号出版社/メーカー: アマナ発売日: 2016/02/29メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見るNATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2016年 3月号 [雑誌]作者: ナショナルジオグラフィック出版社/…

藤沢周さんの新作 「武蔵無常」と「或る小景、黄昏のパース」

文芸 2016年 02 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2016/01/07メディア: 雑誌 クリック: 1回この商品を含むブログ (12件) を見る 「武蔵無常」。 気づくの遅すぎだけど、さっき紀伊國屋書店行って『文藝』の春季号(2月号)の表紙見たら藤沢…

二度目の『ジャッキー・コーガン』を観て原作を読んだ

ジャッキー・コーガン スペシャル・プライス [Blu-ray]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)発売日: 2014/11/05メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (2件) を見る 二度目を観るためにどうせなら、ということで『ジャッキー・コーガン』のブルーレイを最近買…

ドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』が衝撃的

最近見た『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』がおもしろかった。シーズン1は10話。シーズン2予定はあるらしいけど、ひとまず見終わってしまって途方に暮れている、という感じの日々。 サム・イスマイルほか制作総指揮。ラミ・マレック主演。ジャンルはWikiped…

2016年1月の読書

2016年1月の読書メーター読んだ本の数:8冊読んだページ数:2138ページナイス数:63ナイス ■フィクション NOVEL 11, BOOK 18 - ノヴェル・イレブン、ブック・エイティーンの感想 ノルウェイの作家、ダーグ・ソールスターの11冊目の小説、18冊目の著書。終始…

スコット・クーパー監督『ブラック・スキャンダル』を観た

『ブラック・スキャンダル』を観た。 『ファーナス/訣別の朝』のスコット・クーパーが監督。ボストンの犯罪王役のジョニー・デップが主演でその弟の政治家役がベネディクト・カンバーバッチ。 始めの30分くらいは睡魔と格闘の末、余裕で負けていたわけで、…

Ambient Mix jan.2016 - Deep Learning

新作DJミックスです。 アンビエントとかドローンとかA.I.(人工知能)とか。 A.I.については後付けだけど。 「Ambient Mix jan.2016 - Deep Learning」 1. Wipe by Philip Jeck 2. 6:26 by Suzanne Kraft 3. Clock Taps Its Face by Clue To Kalo 4. IJmuid…

2015年12月の読書

2015年12月の読書メーター読んだ本の数:11冊読んだページ数:3606ページナイス数:94ナイス ■フィクション エピローグの感想 これは小説家としても小説としてもこじらせている、としか言いようがない。小説とは何か?更には日本語とは何か?を問うてしまっ…

散歩からの『スぺクター』

土曜日に三鷹駅に用事があったついでに、玉川上水を遡って小金井公園内にある江戸東京たてもの園に行こうとおもい歩いてみたところ、1時間くらいかかってけっこう疲れた。 小学生くらいの頃、学校から歩いた記憶があってそんなに距離があった気がしていなか…

円城塔の『エピローグ』と筒井康隆の『モナドの領域』の類似点

エピローグ作者: 円城塔出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2015/09/17メディア: 単行本この商品を含むブログ (10件) を見るモナドの領域作者: 筒井康隆出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2015/12/03メディア: 単行本この商品を含むブログ (6件) を見る ※ネタば…

『IMA』Vol.14 「深淵なるモノクローム」

写真誌『IMA』Vol.14が届きました。 毎度封筒がポストから三分の二くらい飛び出しているのが可笑しい。 封筒を開けてみるとごちゃごちゃしたモノクロのなにか物体が出てきて なんじゃこりゃっとビックリする。 西野壮平さんの作品だった。 今回の特集は「深…

2015年11月の読書

なんだかオースターばかり読んでいたな。まだまだ足りないけれど。あと実篤先生。 2015年11月の読書メーター読んだ本の数:9冊読んだページ数:2898ページナイス数:92ナイス ■フィクション 孤独の発明 (新潮文庫)の感想 訳者の柴田元幸さんの解説によると本…

御前山と九鬼山

山を目指して着いてみればそこは山梨県。 ということで御前山、馬立山、九鬼山というルートで登ってきました。 この間の御前山は奥多摩で、今回は大月の御前山。 ネットではマイナーな方の御前山、だけど行ったほうが良いという評判。 確かに、最近登った中…

2015年10月の読書

2015年10月の読書メーター読んだ本の数:6冊読んだページ数:1585ページナイス数:76ナイス 真理先生 (新潮文庫)の感想 真理(しんり)先生というやたら物事の真理にこだわり、啓蒙するように弟子などに説教をする変わり者の話から始まり不安だったが、途中…

棒ノ嶺

二週間くらいまえ、 埼玉と東京の境目にある棒ノ嶺に登って降りて、 ふもとにあるさわらびの湯につかり、 さっぱりして帰ってきました。 そろそろ紅葉の時期を感じさせる山の雰囲気。 さいきん買った単焦点レンズで撮影。 ボディはCanonのEOS Kiss X7。Canon…

2015年9月の読書

2015年9月の読書メーター読んだ本の数:7冊読んだページ数:2235ページナイス数:68ナイス ■フィクション 記憶破断者の感想 序盤は作者の別の短編でほぼ同じ話があり、基本的に映画『メメント』のパクリという点は気になるけどなかなか面白かった。短期記憶…

井の頭公園

吉祥寺に行ったついでに、 井の頭自然文化園の水生物園と動物園に行ってきた。 リスはかわいいけど、すばしっこくて撮るのがむずかしい。

雨後の長瀞

木曜日まで降り続いた雨も上がったので 金曜日に埼玉の長瀞に写真を撮りに 宝登山に登ったり 途中にあった寂れた風の動物園が意外とよかったり 荒川沿いの岩畳を遡っていって迷って焦ったり 変なけもの道から道路に出られて 出たら出たで駅の方向がわからな…

『ファーナス/訣別の朝』 - 虚しさとハードボイルドの世界

『ファーナス/訣別の朝』を見た。監督はスコット・クーパーという人でさほど有名ではないけど、クリスチャン・ベールとケイシー・アフレック、ウィレム・デフォー出演、リドリー・スコットとレオナルド・ディカプリオが制作に関わっているということもあり…

2015年8月の読書

2015年8月の読書メーター読んだ本の数:8冊読んだページ数:2080ページナイス数:68ナイス ■ノンフィクション 吉阪隆正の迷宮の感想 2004年「吉阪隆正展」の展示会・夜話・シンポジウムの記録。吉阪さんの教え子や関係者たちの対談などによる思い出話と設計…

だれも知らない建築のはなし、村野藤吾の建築、鈴木理策写真展

渋谷のイメージフォーラムで「だれも知らない建築のはなし」を見て、 目黒区美術館での展示「村野藤吾の建築−模型が語る豊饒な世界」を見て、 初台で「鈴木理策写真展 意識の流れ」を見てきた。 さすがに三軒は疲れる。 ・「だれも知らない建築のはなし」 磯…

記憶と記録としての室伏鴻

先日、6月に亡くなった舞踏家の室伏鴻さんのお別れの会に行った。若手の踊りといい麿赤児さんのスピーチなど、いろいろな意味で涙の出る会で、参加できてとてもよかった。室伏さんはその奇怪さやスマートさなどが枠外に抜けていてどこか憧れる存在。また生…

2015年7月の読書

2015年7月の読書メーター読んだ本の数:13冊読んだページ数:3007ページナイス数:118ナイス ■フィクション ガラスの街 (新潮文庫)の感想 ニューヨーク三部作と呼ばれる内の一作目。柴田元幸さんによる新訳。探偵、監視、自己の喪失、という点でテーマや発想…

Ambient Mix Jul.2015 - Birds

「Ambient Mix Jul.2015 - Birds」 アンビエントのDJミックスをつくりました。 今回は短めの約32分。 写真は多摩川河川敷にて撮影。 聴いてください。 ■Setlist1. Shuttle358 - Years later 2. The Green Kingdom - Into the Magic Night 3. Porya Hatami - …

音楽と耳かき

音楽を聴いている時よりも 耳かきをしている時が 気持ちいいと思ったのならば それはもう終わりかもしれない。 とはいえ、当たり前だが 別に人生が終わるわけでも 世界が終わるわけでもない。 音楽を聴く私、が終わるだけだ。 風呂からあがると無性に耳かき…

リサイクル・ショップ・フォト

リサイクルショップのNEWSさんにて。 許可をもらい撮った。 想像はしていたけど、やっぱり面白い店内。 写っているものほとんど売り物。 Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT出版社/…

2015年6月の読書

6月。引っ越しやその他の活動があり、読書に時間をあまり割けなかった記憶。が、それにしては良いものを読んだという満足感はあった。『幽霊たち』、『平凡』、『方舟さくら丸』、『鈴木ごっこ』は一年間の個人的ベストに入りそうな出来の本だった。 2015年…

岩井秀人さんの「俳優してみませんか講座」を読んで考える演劇人の書く小説

文學界2015年7月号出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2015/06/05メディア: 雑誌この商品を含むブログ (3件) を見る 『文學界』2015年7月号掲載。劇作家・演出家・俳優であるらしい岩井秀人さんの小説「俳優してみませんか講座」を読んでるけど面白い。という…

鳥の写真をたくさん載せています。 鳥類が苦手な方は見ない方がいいかもしれないです。 ちなみに鳩は映っていません。 ぼくは鳩、平気ですが。 多摩川河川敷にて。 使用機種はCanon EOS Kiss X7です。 ダブルズームキットに付属していた望遠レンズを使用。 C…

古い家、写真。

蜂みたいな蛾を追う家守を追う猫と

引越前夜 土曜日 なにか思うことがあっても なにか書きたいと思うことがあっても パソコンがない キーボードを叩きたくても叩けない マウスもない ネコはいるけど 部屋の隅で丸まっている 最後の晩なのだから触れていたいのだが ネコはネコで一人に慣れる予…

2015年5月の読書

2015年5月の読書メーター読んだ本の数:10冊読んだページ数:2619ページナイス数:111ナイス ■フィクション 大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (幻冬舎文庫)の感想 著者の前田さんが原作・脚本・監督を担当した『ジ、エキストリーム、スキヤキ』の映画が好き…

スポンサーリンク