sibafutukuri

ゲームの攻略情報・感想、音響系音楽、文学、アニメ、映画などについて書こうかなとおもっています。

【評価】史上最悪のエンディング - 『DEATH STRANDING』クリア後レビュー・感想【ネタバレ】

スポンサードリンク

f:id:sibafu:20191114141211j:plain

【評価】史上最悪のエンディング - 『DEATH STRANDING』(デスストランディング)クリア後レビュー・感想【ネタバレ】

小島秀夫(コジマプロダクション)による、11月8日発売のPS4用ゲームDEATH STRANDING』(デスストランディング)をクリアしました。

とんでもないクソゲーでした……。

エンディングが長いとは聞いていたけど、本当に2時間くらいほぼムービーを見させられるという苦行。

ということで、今回は一応クリア後のレビュー・感想を書きます。

※ネタバレ含む

 

目次

 

スポンサーリンク

?

 

移動が楽しくなる、こともある

f:id:sibafu:20191114141335j:plain

 

『DEATH STRANDING』(デスストランディング)序盤は紛れもないクソゲー。

でも、3章くらいから移動が楽になったりして、移動と配達、建設が楽しくなったりする。

個人的には国道を建設して繋げていくのが好きだった。

ストーリーを早めにクリアしたいのでそこまで時間は使いませんでしたが、3章あたりでいろいろ作ったり配達してもあり、というゲーム。

ただ、5章くらいから雪山に行かされたり、徐々にストーリー重視になっていったりとクソゲー化が進みます。

 

“繋がり”の新鮮さ

f:id:sibafu:20191114141508j:plain

 

建設した施設や置いたはしご、ロープには他のプレイヤーから“いいね”が付いたりします。

自分でいいねを付けることもできます。

まるでツイッターのリツイートやいいね(ふぁぼ)のようなシステム。

他人が建てた建物がとてもありがたかったり、いいねをもらって他人に役立ったことを知り嬉しかったり。

自分のゲーム体験として、この建設やいいねのゲームシステムは新鮮でした。

小島さん自身が発売前から言っているように、確かに、新しいゲームシステムの可能性を示した部分かと思います。

 

一方で、ツイッターのリツイートやいいねシステム自体が気持ちの悪い部分もあるので、個人的にはすべてを受け入れたくない気持ちもありますが。

“バズっている”ツイート(建物)への嫌悪感がある。

 

スポンサーリンク

?

 

終盤になるほど移動はつらく、同じことの繰り返し

f:id:sibafu:20191114141525j:plain

 

終盤はやたらと雪山の中を移動させられる。

当然のごとく苦行。

また、ゲームとしてはやることは基本的に配達だけ。

そして、たまにあるボス戦なども面白くない。

基本的に、このゲームのアクションはつまらない。

そして、戦っても大した利益がないので戦う意味がない。

 

自己満足な音楽にうんざり

f:id:sibafu:20191114141549j:plain

 

以前の記事にも書いたけど、やはり移動中の音楽がうるさくてじゃまで、うんざりする。

同じアーティストの曲ばかりを起用しているのも不可解。

せめてBGMだけボリューム絞れればいいのに。

しかたなくミュートで移動することに。

 

スポンサーリンク

?

 

マッツはかっこいいけど、それだけ

f:id:sibafu:20191114141604j:plain

 

クリフ役のマッツ・ミケルセンが出てくる映像はカッコいい。

ただ、前後の繋がりがちぐはぐだったり映画のオマージュだったり、ワンカットのカッコよさでしかない。

マッツのPVとしてはよくできてるけど、『デススト』の映像としては大した意味がない。

 

史上最悪のエンディング、約2時間のゴミみたいなムービー

f:id:sibafu:20191114141618j:plain

 

本当にエンディングは2時間くらいある。

ラスボスの巨大クジラを倒した後は、ほとんどムービー。

スタッフロールが流れたあとムービーが挟まり、またスタッフロールが流れたりする。

たまに自分で操作しないとムービーが始まらなかったりも。

特にひどいのは、「ビーチ」という三途の川的な場所で、真の黒幕のアメリ(ブリジット)の話をだらだらと聞かされるシーン。

同じような話を何度もされる上に、いちいち微妙に操作をしないといけない。

 

仮に2時間という長さでも、内容が面白ければいいけど、むしろ物凄くつまらない。

ストーリーもキャラにも魅力がない。

そして、キャラがいちいち起きたことやキャラの過去話を1から10まで話したがる。

もっと端折ればいいのに、なぜかしない。

自分がプレイしたゲームの中で最悪のエンディング、と言ってもいいくらいの壮大なゴミでした。

 

スポンサーリンク

?

 

【評価】全体の3割くらいは楽しめたかもしれない

f:id:sibafu:20191114141646j:plain

 

『DEATH STRANDING』(デスストランディング)の全てがつまらないわけでもない。

上にも書いたように、楽しいこともあった。

ただ、他があまりにもクソゲー要素が強い。

序盤でどんだけつまらなくても、それ以降は面白くなるという希望は残っているけど、『デススト』の場合、後半からどんどんつまらなくなっていくから絶望しかない。

そして、一応ストーリーをクリアしたいま、少しでもやり込む情熱なんて抜け出てしまい、もう一切触りたくないと思うほど。

 

全体の3割くらいは楽しめたかもしれない。

そういう意味で、100点満点のスコアは30点とします。

結局クソゲーでした。

 

小島さんは映画が好きみたいだけど、映像づくりに向いていると全く思えない。

これまでもこれからも。

ゲームデザインのセンスは昔から尖がっていると思うので、ゲームを作るとするならゲーマーが楽しめるゲームを作ってほしい。

 

『DEATH STRANDING』の実況動画

 

関連記事

(C)2019 Sony Interactive Entertainment Inc. Created and developed by KOJIMA PRODUCTIONS.