読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画などについて書こうかなとおもっています。

扇風機 扇風機 センプウキ

創作物語
Google AdSense

 

だらだらと汗にまみれながら下着一枚で、
昼食のどんぶり一杯のラーメンを居間で食べたあと、
猫と戯れたりと家のなかをうろうろしていた。
気づくと扇風機が三台あった。
しかも今、家じゅうで全てが回っていた。
北と南の部屋、それに猫の部屋。
猫の部屋という部屋は実はないけれど、
猫たちがよく涼んでいるスペースをただそう呼んでいる。
奇妙な光景だ。
いや、ふたつの目玉で見渡せるようにそれらは配置されていないが。
しかし、確実にこの家の中で三台の扇風機が稼働中なのだ。
現代アートのような、
あるいは科学の実験のような、
なぜかそういうアヴァンギャルドな想像に頭が支配される。
流動力学的あるいは物理学的に、
三台の扇風機が起こした空気の流れにより、
時空に歪みができる。
その時空の隙間ができる可能性は極めて低い。
偶然の中の偶然の偶然で起きる、という程度に。
扇風機の配置場所、
家じゅうの窓の開閉による外から入る風の流れ、
羽の周り具合による風の強弱、
そして首の振り具合。
それらによる組み合わせは何通りもある。
ふと、今いる北の居間にある扇風機を眺めていたはずが、
そこが回りの食器棚やソファなどを残して、
中心の空間を切り抜いたみたいに見たことのない野原が見えた。
緑の地に入道雲が浮かび、黄色の花が散らばって見える。
それは一瞬。
次の一瞬、そこには元通り金属製の扇風機が、
その瞬間の光景を否定するように首を振って羽を回す。
ここに科学者がいて実験を始めようものなら、
世紀の発見ができそうなものだ。
だが、残念ながらこの観察者は科学者なぞではない。
ただの無職者。

スポンサーリンク