sibafutukuri

ニュース、音響系音楽、文学、アニメ、映画について、ゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

auからDMM mobileにMNP(乗り換え)する方法

スポンサードリンク

目次

前回、「DMM mobile SIMカード 音声通話+データ通信SIM」(エントリーパッケージ)がAmazonから届いたということと、エントリパッケージとは何かということを書いた。

その後、MNP(乗り換え)の手続きをしてSIMカードが届いて無事にMNPの切り替えが完了したのでその手続きを書く。

 

MNPとは

Google AdSense

?

まず、MNPって何なのってところから。

MNPは「携帯ナンバーポータビリティ(Mobile Number Portability)」の略で電話番号を変えずにキャリアを乗り換えることをいう。

自分の場合、以前使っていたauからDMM mobileにMNP=乗り換えた、ということ。

DMM mobileの場合、「おうちで乗り換え(MNP)」というサービスがあって、ネットからの申し込みで、前のキャリアから今後のキャリアへの空白期間(電話番号やウェブが使えない期間)なしで切り替えができる。

いまはaudocomoSoftBankからMVNO格安SIM)にMNPするひとが多い。

 

auMNP手続きをする方法 - MNP予約番号の取得

DMM mobileに契約の申込みをする際にauの「MNP予約番号」が必要になるので、事前にauMNP手続きをしておく必要がある。

詳細の方法はauのサイトに書いてあるとおり。

auの場合、MNP手続きの方法は下記の3つ

1.電話でMNPの予約

2.EZwebMNPの予約

3.店頭でMNPの予約

 

今回はEZwebMNPの予約をしてMNP予約番号を取得したけど、やり方も楽で特に問題もなかったのでオススメの方法。

EZキー ボタン→トップメニューまたはauポータル トップ →auお客さまサポート→申し込む / 変更する→au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)

という手順。

 

MNP=解約

大雑把に言えば「MNP=解約」、と考えていていいとおもう。

ただ、上に書いたようにMNP手続きをしてMNP予約番号を取得しただけでは解約にはならない

MVNO(このケースでいうとDMM mobile)のSIMカードが手に入ってから、電話番号切り替え申し込み」作業をすると解約になる、というイメージ。

切り替え作業をすると、数時間ほどで以前のauの方では電話番号を使えなくなる。

ということなので、MNP手続きとは別に解約手続きをする必要はない。

ちなみに、au WALLET クレジットカード or プリペイドカードを使っているひとは、これらのカードもau解約と同時に使えなくなるので注意が必要。

 

DMM mobileのエントリーパッケージとは

DMM mobileの場合、新規契約手数料には税込みで3240円かかる。

でも、Amazonで販売しているエントリーパッケージがある場合は、手数料が0円になる。

エントリーパッケージ自体は税込みで540円(17年5月現在)。

通話+データ通信や、データ通信のみなどのプラン別にパッケージが複数ある。

ってことなので、エントリーパッケージをAmazonで買ってMNPをすれば2700円得したことになる

ただし、新規契約手数料が無料になるキャンペーンをやっていることもあるので、その場合は直接申し込んだ方がお得。

 

エントリーパッケージで申し込む方法

Amazonからエントリーパッケージが届いたら、中に書いてある通りの手順で申し込みをする。

f:id:sibafu:20170415213833j:plain

1.本人確認書類の準備

2.お申込み

3.シリアルコードの入力

4.プランの選択・お客様情報の登録

5.お支払い情報の登録

6.本人確認書類の提出

7.お申込み完了

 

申し込みをするにあたって、DMMの会員になる必要がある。

本人確認書類は自分の場合は運転免許証をケータイで撮影してアップロードした。

数日後に「本人確認をしました」というメールがDMMから届いた。

本人確認の作業が終わってからSIMカードの発送作業になる。

この申し込み作業をしてから、実際にSIMカードが届くまで短くて5日は見ておいたほうがいい。

 

DMM mobile(MVNO)に申し込むタイミング

Google AdSense

?

乗り換え先のMVNO(今回はDMM mobile)に申し込むタイミング、というのはちょっとデリケートな問題。

なぜかというと、理由は下記の4点

 

1.MNP予約番号の有効期限は予約当日を含め15日間

2.MVNOに新規申込みする際にMNP予約番号が必要

3.MVNOに新規申込みしてからSIMカードが到着するまで5日ほど時間がかかる

4.auの場合、毎月1日なると当月の料金が発生する

 

大きくいってこんな感じでお金を細かく気にする場合はいろいろと気を回す必要がある。

特に、4番の「auの場合、毎月1日なると当月の料金が発生する」というのを気にせずに翌月になってしまうと、その分の料金も課されてしまうので注意が必要。

理想は月末に「電話番号切り替え申し込みえ」作業をしてauを解約し、新規のMVNOに乗り換えるというタイミング。

以上を考慮すると、当月の20日頃に新規申込みをして、30日とか31日とかに「電話番号切り替え申し込み」作業をするのが無難かとおもう

実際に、自分の場合はうっかりしていて4月25日に申し込んで4月30日(4月最終日)にSIMカードが届いてあわてて「電話番号の切り替え」作業をして、なんとか4月中に済ませることができた。

けど、そんなギリギリだと心臓に悪いし、月末に申込みが多そうなMVNO側にも負担になりかねないのでもうちょい余裕を持って20日くらいがいいかと。

 

SIMカードが到着

f:id:sibafu:20170430122745j:plain

こんな感じでクロネコヤマトSIMカードや取説一式が到着。

f:id:sibafu:20170430124534j:plain

SIMカードの付いているカード。

f:id:sibafu:20170430145748j:plain

切り離したSIMカードをOUKITELのカードホルダーにセット。

 

SIMカードが届いたら電話番号切り替え申し込みが必要

●電話番号切り替え申し込みの手順

1.DMM mobileにアクセス

2.電話番号が切り替わるまで待つ(2~3時間程度で完了)

3.SIMを入れ替える or スマホに新しくSIMを入れる

4.MNP転入の切り替えが完了

 

APN接続設定が必要

SIMカードを端末に入れてMNP転入の切り替えが完了したら、次にAPN接続設定をする必要がある。

これをしないとSIMカードが使えないので注意。

Anroid端末のAPN接続設定

アプリ一覧から「設定」をタップ→「その他の設定」or「もっと見る」をタップ→「モバイルネットワーク」をタップ→(「データ通信を有効にする」にチェックを入れて)「アクセスポイント名」をタップ→「+」をタップ(新規APNの追加)→下記のようにDMM mobile(dmm.com)のAPN設定値を入力

【名前】DMM mobile(任意)

【APN】dmm.com

【ユーザー名】dmm@dmm.com

【パスワード】dmm

【認証タイプ】「PAPまたはCHAP」

→新規に作成したAPN(DMM mobile)をタップして選択

以上でAPN接続設定が完了。

iPhoneiPadのAPN接続設定

ネットを使った方法と手動の方法があるけど、下記は手動の方法。

「設定」をタップ→「モバイルデータ通信」をタップ→「3Gをオンにする」をオン、「モバイルデータ通信」をオンに設定→モバイルデータ通信ネットワークをタップ→以下の枠内の項目にDMM mobile(dmm.com)のAPN設定値を入力

【APN】dmm.com

【ユーザー名】dmm@dmm.com

【パスワード】dmm

以上でAPN接続設定が完了。

 

f:id:sibafu:20170515100247p:plain

以上で、無事SIMカードが使えるようになって電波もちゃんと入るようになった。(Android端末の例)

  スポンサードリンク