読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

Stars of the Lid - Avec Laudenum (1999)

Google AdSense

Stars Of The Lid - I Will Surround You

  Stars of the Lid(スターズ・オブ・ザ・リッド)は米テキサス州オースティン出身のドローン/アンビエントデュオ。
  彼らの曲の殆どはビートを用いずに弦楽器やキーボードのフィードバックで構成されている。

(「Last.fm」より)




Avec Laudenum

Avec Laudenum

1.The Atomium Part 1
2.The Atomium Part 2
3.The Atomium Part 3
4.Dust Breeding (1.316)+
5.I Will Surround You
全5曲、約42分。

  Stars of the Lidのアルバム“Avec Laudenum”(1999)を買いました。このアルバムは1999年にSub Rosaというレーベルからリリースされて、2002年にKrankyから再リリースされたようです*1。ぼくの持っているのはKrankyの方です。


  ぼくがStars of the Lidを聴くのは“Avec Laudenum”が三作目です。ほかに、“The Tired Sounds of Stars of the Lid”(2001)と“and Their Refinement of the Decline”(2007)を聴いています。この二つを聴いて、見事に心酔してしまいました。


  “Avec Laudenum”は他二作と比べれば昔の作品ということもあってか、完成度の点で劣っているようにおもえます。曲によっては音が割れてしまっていたり、全体的に低音が強くて音がこもっているかんじがしたりと。それでも、ドローン、アンビエント、ポストクラシカルの混ざった音楽としては優れた作品でしょう。


  他の二作品がわりとメロディアスなのに対して、“Avec Laudenum”はより単調で暗澹とした印象を与えさせられます。雲に覆われて月の出ていない夜の浜辺に立って聞こえてくる、穏やかな波の音の繰り返しのような音響。音の周期を意識させられます。




Tired Sounds of

Tired Sounds of

Stars of the Lid & Their Refinement of the Decline

Stars of the Lid & Their Refinement of the Decline


  いままで聴いてきたなかで、“The Tired Sounds of Stars of the Lid”と“and Their Refinement of the Decline”というのは、こういうドローン系のジャンルのなかで傑作の二枚だとおもいます。アンビエントやドローンが好きな方はこの二枚を買って損はしないとおもいます。どちらも二枚組でボリュームもすごい。


  “and Their Refinement of the Decline”のケースのクレジットによると使用楽器はチェロ、トランペット、フリューゲルホルン、クラリネット、ハープとなっています。ぼくにはどれがどの音かわからないくらいに残響でボカされているのだけれど、その残響具合がとても心地良い。


  ポストクラシックでありドローンというアーティストは他にあまり聴いたことがないとおもうのですが、こういうのはもっと聴いてみたいものです。Johann Johannssonは最近初めて買ってしっかりと聴いたのですが“Englaborn”というアルバムはそういったものに少し近いような気がします。こちらはまだあまり聴きこめていませんが。




A Winged Victory For The Sullen - All Farewells Are Sudden

  他に、アメリカ人ピアニストのDustin O HalloranとStars of the LidのメンバーAdam WiltzieによるA Winged Victory For The Sullenというプロジェクトで同名のアルバムを2011年にリリースしたのですが、これもなかなか良いです。Stars of the Lidの音にピアノがたまに乗るようなかんじの曲など。




■DJミックス
  Stars of the LidやBrian Eno、Eluviumなどのアンビエント系のDJミックスをMixcloudにアップしているので、よかったら聴いてみてください。


「Ambient & Drone Mix 2011.09.24」


「Ambient Trip Mix For Twenty Two Minutes」





■関連のあるエントリー
「Stars of the Lidによる引火は不毛な音楽の再燃(追記、2011.12.28)」(2011.06.14)

広告を非表示にする

スポンサーリンク