sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

夢裡のトーテム

Google AdSense

今夜、土砂ぶりのわたくしと、土砂崩れるわたくしどもが水溜まる
そして、各セルの養分となりそうだ
路面を滑る蒸気機関車を、地上1.7mの寝台列車の寝台から眺める
いまにも、草木や瓦礫が車輪に絡まり、滑走を止めそうではあるけれども
その動力となるカロリーは、各部内臓器官を収めた胴体を中心として、熱す

この滑走は、いつかのランニングの
たった1/100以下の縮図でしかないのだろうけれども
つまさきからふくらはぎを越え、ふとももにかけて
殊に、その双方の腿は、その重みをよく味わう
それより続く、胴体は二つの腕などなどの
一塊の重みを、よく味わわされる車輪ども、寝台より眺められる

灰色にくすみ踏まれつづけ、線を刻まれるコンクリートの階段に足をかける
それらは交互に、石上を前進させられる
右足は前を向く、左足は前を向く
右足は上を向く、左足は前を向く
「のぼり」のコードは、そのシニフィエのとおり
というよりかは、シニフィエに誘因され敷かれた道程を、
左右の脚の運動は、パラドックスとともに、
繰り返される地で繰り返される
くだれば、わたくしは地に埋め込まれ、えぐられる地を行く
くだれば、わたくしは地より出づる寝台から朝日を拝む

この錯乱した視界が好きだ
黒髪の白衣を纏う娘がそのぬばたまの瞳でもって、夢裡に沈める


インセプション』(“Inception”)の夢、覚め遣らぬ


■参考 トーテム - Wikipedia
トーテム(英語:totem)とは、自分たちの「部族」や「血縁(血統)」に野生の動物や植物などが特別に関連していると信じていることである。
(中略)トーテミズムは主に未開社会や古代文明に多くみられるが、発展を遂げた社会に身をおきながら、同族間の伝統、儀礼として現代でもトーテミズムを継承している地域も存在する。
(http://ja.wikipedia.org/wiki/トーテム)

広告を非表示にする

スポンサーリンク