sibafutukuri

ゲーム攻略情報、音響系音楽、文学、アニメ、映画について、ゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

『Days Gone(デイズゴーン)』 序盤のレビュー・感想 - 十分楽しめるオープンワールド

スポンサードリンク

f:id:sibafu:20190503141812j:plain

 

【評価】『Days Gone(デイズゴーン)』 序盤のレビュー・感想 - 十分楽しめるオープンワールド

19年4月26日に発売された『Days Gone』(デイズゴーン)をプレイしています。

現在は二つ目のキャンプに着いて数時間経ったくらいのところ。

パンデミックにより人間社会が崩壊して2年経ち、ゾンビ(フリーカー)が蔓延するアメリカのどこかが舞台となっています。

オープンワールドでゾンビや人間と戦ったり、サバイバルしたりというゲーム内容。

まだ途中ですが、この段階でのレビュー・感想を書いていきたいと思います。

※ネタバレなし

 

目次

 

スポンサーリンク

?

 

操作性の悪さが際立つゲーム開始直後

f:id:sibafu:20190503141829j:plain

 

ゲーム開始直後、実際に主人公のディーコンを動かし始めると操作性の悪さがとにかく気になります。

まっすぐ走るのも難しいバイクの操作、もっさりとしか動けず慣性がある動きのディーコン。

 

この1年ほどで、『ファークライ5』&『ファークライ New Dawn』、『スパイダーマン』、『RDR2』といったオープンワールドゲームをやってきました。

『デイズゴーン』は、RDR2』に近い操作性だと思います。

この2作は、どちらも序盤で評価を落としがちのタイプのゲームかもしれません。

『RDR2』の序盤は実際かなり不快感が伴うゲームでしたが、最後までクリアすれば十分満足できるゲームでした。

 

『デイズゴーン』も、プレイしていく内にこの操作性に慣れていくので、最初は慣れなくても段々楽しくなっていくのではないかと思います。

 

映像(グラフィック)、ムービーの演出に美しさや真新しさが少ない

f:id:sibafu:20190503141845j:plain

 

まず映像(グラフィック)ですが、オープンワールドゲームとしては平均くらいという印象です。

際立って美しいとか、独特の世界観が表現されているという印象はないです。

 

メインクエストを進めていると、ちょくちょくムービーが挟まります。

まず、回想のムービーが多い時点でゲームのテンポが悪いのでマイナスポイントですが。

そのムービー自体もなにか凝ったものがあるわけでもなく、劣化ドラマみたいな内容なのであまり見ていて楽しいものではない。

ゾンビもの」という時点で真新しさのカケラもないのですが……。

 

f:id:sibafu:20190503141857j:plain

 

スポンサーリンク

?

 

地味で地道な戦闘が意外と楽しい

f:id:sibafu:20190503141907j:plain

 

『デイズゴーン』の戦闘は地味です。

まだ序盤だからなのか、銃の使い勝手が悪い。

サプレッサーを付けられるようになってから、スナイパーライフルがステルス攻略で訳だったりしますが。

近距離~中距離の敵に見つかっている状態での銃は使いづらいです。

 

ということで、近距離攻撃ばかりをしてしまいます。

ディーコンはデフォルト装備のナイフと、バットや棒系の武器の2種類を持てます。

ただ、2種類目は使うごとに耐久値が減っていくのがネック。

貧乏性な自分はナイフばかり使って地味で地道な戦闘をしがちです。

 

でも、消耗品をケチケチしたり、道中にある消耗アイテムを拾ったりしてやりくりしたりするのが意外と楽しかったりします。

映像映えは全然しないんでしょうけど、ナイフを使い、ステルスでこそこそゾンビや人間を倒していくのが楽しかったり。

最近プレイした『ファークライND』も、一人の敵に見つかって戦闘態勢になるだけで大変なことになるという極端さがあります。

 

ステルスゲーム好きにオススメ

f:id:sibafu:20190503141935j:plain

 

上にも書きましたが、回復薬や弾薬などの消耗品を節約するとなると、一番無難な戦闘方法がステルスというシチュエーションが多いです。

ステルス前提にゲームシステムが作られているので、じっくりじっとしとプレイすれば、ステルスで攻略できるようになっています。

メタルギアソリッド」シリーズを代表とするステルスゲームが好きな方にオススメのゲームです。

その反面、派手な戦闘をしたい方は不満が溜まりがちかもしれません。

持ち運べる弾薬の数が少ないことなどが原因で、あまり銃を使う気が起きないゲームです。

 

サバイバル感を味わえるオープンワールド

f:id:sibafu:20190503141951j:plain

 

『デイズゴーン』は、食事はなく、寝る必要性もあまりないゲームですが、サバイバル感を味わえるオープンワールドになっています。

時間経過によって日数が加算されていくのも、無人島で過ごして日数を数えていく、みたいなサバイバル感が出る演出となっています。

あまり多くはないですが、たまに出現する動物を狩って戦利品をお金や信頼度に交換したりするのも楽しかったり。

サバイバル感で言うと『RDR2』が一番近いタイプです。

あと『メタルギアサバイブ』も近いかな。

 

スポンサーリンク

?

 

85点 - 十分楽しめるオープンワールド

f:id:sibafu:20190503142001j:plain

 

自分も上の方で書きましたが、主に操作性の悪さが原因で序盤は辛口評価になりがちなゲームだと思います。

他のひとのレビューやスコアはほぼ見てないですが、発売直後に評価が低くなってもしかたない作りになっています。

でも、そこで諦めずにプレイしていくうちにゲーム全体に慣れて、物語の続きも気になり、『デイズゴーン』の世界の没入していくタイプのゲームでもあります。

クリア後の感想はまだわかりませんが、現状は十分楽しめています。

スコア(点数)で表すと100点満点中、85点としておきます。

 

『デイズゴーン』のプレイ動画

 

関連記事