sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

【パワプロ サクスペ 攻略】覇堂高校 野手S3育成デッキの紹介&オーバーヒートの解説

Google AdSense

 

f:id:sibafu:20170714143854j:plain

目次

現在『サクスペ』で「覇堂高校期間限定パワーアップ」が開催されているということで、何人か選手を作ってみたのでその紹介と、オーバーヒートシステムの解説。

 

オーバーヒートの練習効果と伝染

Google AdSense

?

 

・オーバーヒート中の選手のみ(2人以上)での練習は効果大

・オーバーヒートしていない選手が1人でも混ざると効果が大きく減る

オーバーヒート中の選手と一緒に練習するとその選手のオーバーヒートがおわる

・その代わり、一緒に練習してる他の選手にオーバーヒートが伝染する

 

オーバーヒートが二人以下の時にイベントで集団オーバーヒートが起こる

オーバーヒートの人数が少なく非オーバーヒートが多い練習でオーバーヒートの人数を増やすことができる。

また、オーバーヒートが二人以下の時にイベントで集団オーバーヒートが起こることがあるので、狙ってオーバーヒート選手を減らすのも手。

 

休む、デート、号令でオーバーヒートの人数が減る

休む、デート、号令でオーバーヒートの人数が減るのコマンドを実行するとオーバーヒートの人数が0~3人減る。

これを利用して、オーバーヒートが残り3、4人の時は敢えて減らせば一斉オーバーヒートを起こしやすい

 

5人集まるとオーバーヒート効果が絶大

f:id:sibafu:20170714140554j:plain

こんな具合に、オーバーヒート中の選手が5人集まると得意練習に関係なく、経験値が大幅にあがる。

 

スバルとの勝負で取れる金特

(野手)アーチスト:2本以上ホームランを打って勝利
(野手)安打製造機:ホームランを2本以上打たずに勝利
(投手)本塁打厳禁:空振りを4回以上とらずに勝利
(投手)ドクターK:空振りを4回以上とって勝利

覇堂高校のもうひとつの特徴が、スバルとの勝負に三回勝つと金特がもらえること。

こちらも必ず狙っていきたい。

 

実際に育成した選手とデッキ

Google AdSense

?

 

オーバーヒートの理論は以上のようなものだけど、実際に育成してみるとどうなるか。

 

選手1 野手S3(126)

f:id:sibafu:20170714135659j:plain

f:id:sibafu:20170714135713j:plain

ランク:野手S3(126)

デッキ:柳生()、小豪月()、内藤()、江戸川()、澄香()、轟(

 

一応、こんかいの強化期間で一番うまくできた選手。

金特を最高7個取れるデッキだけど、2つ取り逃した。

能力的にはなんとも中途半端。

 

選手2 野手S3(120)

f:id:sibafu:20170714140211j:plain

f:id:sibafu:20170714140215j:plain

ランク:野手S3(120)

デッキ:三本松(、七井()、江戸川()、鮫島()、澄香()、轟(

 

筋力固めのデッキで育成。

オーバーヒートの使い方がうまくいけばもっと伸びるんだろうけど。

 

選手3 投手S1(105)

f:id:sibafu:20170714140841j:plain

f:id:sibafu:20170714140858j:plain

ランク:S1(105)

デッキ:あおい()、犬河()、神楽坂()、みずき()、澄香()、山口(

 

あまり深く考えずに変化球中心でデッキつくったので、前イベントに偏りすぎなデッキになっている。

暗黒スバル(前)が使えない影響で変化球固めもやりづらい(どちらにせよ前に偏る)。

とりあえずクレッセントムーン初成功で嬉しい。

マリンボール&クレッセントムーンの左右魔球投手をつくってみたかったけど、オリジナル変化球は複数取得できないのか……。

持ち札的にやはり投手は野手より劣るな。

この選手の名前と見た目だけは『ケロロ軍曹』のタママ二等兵がモデル。

 

覇堂高校強化期間でS3~S5は作れそう

自分みたいなしょぼいイベキャラの持ち札でも、野手ならS3~S5は作れそうな。

S5はセンス○が付いてしかもかなり上手くいかないと無理だろうけど。

投手ならS1~S3くらいだろうな。

個人的にはあかつきの打倒やヴァンプの吸血の方が好きなんだけど。

 

サクスペ用のツイッターアカウントを作りました!

ツイッターやっている方、フォローお願いします!

 

関連記事

 

スポンサーリンク