読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

『ひるね姫』を見ているこっちはねむり姫(ネタばれなし)

Google AdSense

f:id:sibafu:20170327230201j:plain

目次

 

ねむり姫

 アニメ映画の「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」を見てきたので感想を。

 途中、ちょっと寝てしまったよね、途中というか終盤だけど。

 中盤までなんとか見ていたけどついには力尽きたねむり姫。

 以下ネタばれなし。

 

神山健治の最新作

Google AdSense

 

 『攻殻機動隊 S.A.C.』、『精霊の守り人』、『東のエデン』の監督でもある神山健治が原作・脚本・監督を務めた今作。

 テレビシリーズの『攻殻機動隊 S.A.C.』はもちろん好きだし、精霊の守り人』も良作だし『東のエデン』もなんだかんだ言って好きだからこの人の作るものは気になってしまう。

 情報はなるべく入れないようにしていたけど、ネットでの前評判は芳しくなかった。

 みんな見た人が困惑しているような、印象だった。

 自分も見てみたら、まさにそうでちょっと困惑している……。

 

誰が見る映画か?

 監督が神山健治で主役の森川ココネ役が高畑充希ということくらいしか知らずに見たんだけど。

 恋愛要素も多いのかと思いきやそうでもなくて、結構家族愛のストーリーでファミリー向けっぽくもあるけど、夢のシーンではファンタジーかと思いきやSFでもあるようで……?

 という具合に、ジャンルのごちゃまぜ感を感じてしまい、誰に向けられた映画なのかわからない。

 「自分の見る映画だ」とおもう瞬間もあれば「これは自分の見る映画じゃないな」と思う瞬間がなんども入れ替わったりして目まぐるしい。

 結局、家族愛的な結末で終幕だけど「この映画はこれでよかったのかな?」と終幕に疑問符が残ってしまうもどかしさ。

 「消化不良」という言葉がピッタリな映画。

 

高畑充希の声がかわいい、ロボットのSF感もなかなか

 良かったところとしては、高畑充希の声がかわいいことと、巨大ロボットが出てくるけどやっぱりSFが好きなのでたまに「おっ」と驚くところもあってよかった。

 釘宮理恵が演じているジョイの声もかわいい。

 白鳥哲がちょい役で出ていて声が聞けて嬉しかった。

 特徴的な声なので、聞いた瞬間「あの人だ!」って気づける嬉しさ。

 でも、ほんとうにちょい役なのでそれは残念ではある。

 白鳥哲さんは『ブレンパワード』の伊佐未勇、『無限のリヴァイアス』の相葉昴治、『スクライド』の無常矜侍などを演じている声優。

 

なにを喋っているのかわからない

 高畑充希の声は可愛いんだけど、岡山県かなにか知らないけど方言がキツい

 方言がキツいし、そこに取って付けたみたいな若者言葉のようなものを混ぜてくるので勘弁してくれ、と思った。

 「さーせん」とか「ほぼほぼ」とか、若者は使ってるのかもしれないけど聞いている側としては愉快にはなれないので聞きたくはない。

 あと、夢の世界での固有名詞が音だけで聞いても理解しづらい。

 「エンシェン」とか「ピーチ」とか「ハーツ」とか「タキージ」とか「ベワン」とか、主にキャラクターの名前が一度では聞き取れないことが多く意味もわからないことが多いので、不快になり易い。

 もっと普通に取っつきやすい名前にしたり、はっきり発声するとかしたほうがいいとおもうんだけど。

 森川ココネの発する言語は、方言、標準語、若者言葉、夢の世界での固有名詞という風に言葉のチャンポンになっているので、音としてもキャラの立ち位置としてもあまりにも不安定で見ていて付いていくのが難しくなる。

 

感想いろいろ

Google AdSense

 

 あとは、主人公に共感できないとか、自動車の自動運転や人工知能(AI)についてテーマとしてもストーリーとしても掘り下げ具合が浅いとか、風景はいいんだけどもうちょっとクリアに描いてほしいとか、キャラクターの作画が粗いとか動きもぎこちない、とか思ったことはあるけど書ききれない。

 『天空の城ラピュタ』とかのジブリ的などたばたアクションだったり、敵に見つからないように隠れるステルス感とか、そういうのはハラハラドキドキがちょっとあってよかった。

 『ねむり姫』の夢の世界はサイバーパンクっぽくもあるけど、動力部は人力だったりスチームパンクっぽい印象で、科学に魔法が優っていたりして、『ラピュタ』に近いかもなーと思ったりもした。

 やっぱり神山健治作品としてもっとコアなものが見たいというのが願望としてあるんだよなー。

 『攻殻機動隊 S.A.C.』みたいなSFが一番の理想だけど、『精霊の守り人』みたいなファンタジーでもいいからもうちょい殺伐とした世界のアニメを作ってくれないかな。

 


映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』本予告【HD】2017年3月18日公開

 

関連記事

 

スポンサーリンク