sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド』実験的オーグメント - M3:身体のメンテナンス

Google AdSense

f:id:sibafu:20170323124426j:plain

目次

【攻略】M3:身体のメンテナンス

今回の『デウスエクス マンカインド・ディバイデッド(Deus Ex: Mankind Divided)』はヴァツラフ・コラーが登場する「M3:身体のメンテナンス」の攻略やレビュー。

前回の「M2:早すぎる朝」はこちら。

ミッション概要

f:id:sibafu:20170323162927j:plain

●説明

昨日の事件以来、オーグメンテーションの調子が悪い。能力を完全に発揮できるようにするには、おれの“主治医”、ヴァツラフ・コラーのところに行く必要がある。この医者は俺のアパートの近くの本屋で、無許可のクリニック、“タイムマシン”を営んでいる。

●目標(2/2)

書店内でコラーを見つけろ

コラーの地下室に行け

書店「タイムマシン」

Google AdSense

 

f:id:sibafu:20170325063435j:plain

書店「タイムマシン」の入口は上のマップで言うと白い矢印ところ・

ただ、ドヴァリ・ファミリーのギャングが武装してうろついているので、倒すか隠れて進むしかない。

書店の外も中も武装したギャングだらけ。

f:id:sibafu:20170325063508j:plain

書店「タイムマシン」入口。

f:id:sibafu:20170325063636j:plain

書店の外に地下室と繋がっているマンホールがあるけど、一方通行かも?

f:id:sibafu:20170325064320j:plain

あと、書店の入口に向って右側の奥には裏口がある。

f:id:sibafu:20170325063652j:plain

2階。ギャングによって荒らされたのか、本が散乱している。

書店内も地下室も、複数のパソコンが置かれていてハッキングしたりしてメールを見ることができる。

一度クリアして落ち着いたあと、いろいろ見て回るとおもしろいかも。

トーリー進行上は必須ではないけど。

f:id:sibafu:20170325064011j:plain

f:id:sibafu:20170325064614j:plain

2階の倒れた本棚をしゃがんで進んでいけば、目標の部屋に着く。

f:id:sibafu:20170325064051j:plain

f:id:sibafu:20170325064107j:plain

目標の部屋からは通風口で別の部屋やトイレに繋がっているけど、一方通行。

f:id:sibafu:20170325064624j:plain

赤い表紙の本「謎の書物が隠し扉のスイッチになっている。

f:id:sibafu:20170325064630j:plain

開けると小部屋があって、奥にエレベーター。

f:id:sibafu:20170325064634j:plain

小部屋の両脇にはオーグメントの腕がずらり。

クリニック「タイムマシン」

f:id:sibafu:20170325064712j:plain

エレベーターを降りればコラーの地下室に着く。

書店内とは打って変わった内装。

f:id:sibafu:20170325064720j:plain

オーグメントの腕やら脚やらがぶら下がっているし。

f:id:sibafu:20170325065020j:plain

ここがコラーの「クリニック」。

f:id:sibafu:20170323123250j:plain

f:id:sibafu:20170323124426j:plain

オーグメントオタクでジェンセンの「主治医」でもある、ヴァツラフ・コラー

なんとなく「メタルギア」シリーズのオタコンを思い出すキャラ。

表の顔は書店「タイムマシン」のオーナーみたい。

見た目も喋り方もそのオタクっぷりもアクの強いキャラクター。

f:id:sibafu:20170323124021j:plain

コラーの頭の後ろはすごくメカメカしいけどどうなってるんだろう。

攻殻機動隊』や『マトリックス』みたいに頭にプラグでも挿せそうだけど……。

実験的オーグメントの拡張

Google AdSense

 

f:id:sibafu:20170323124629j:plain

コラーのメンテナンスによって、一部機能は復帰した。

ただ、その副作用か何かでジェンセンの身体に隠されていた謎の実験的オーグメントが発見された。

でも、すぐには使用できない。

レベルが上がる毎に付与される「プラクシス」というポイントを消費して、通常も隠しオーグメントもどちらも使えるようになる。

プラクシスはそんな簡単には溜まらないので、どの能力を解放していくかが悩みどころ。

ハッキングにストーリー上でくわすことが多いけど、「アクション重視」でプレイしていると難易度が結構高いので、今回のプレイではハッキング系に多くプラクシスを使い気味だけど、これが正解かはわからない。

レビュー

今回の「M3:身体のメンテナンス」については以上。

「アクション重視」でプレイしているけど、書店の外と中での対ギャング戦はなかなか難易度が高くて面白かった。

今回のストーリーでオーグメンテーションの謎が出てきたり、ゲーム上での機能も拡張されたんだけど、やっぱりプラクシスがそんなに余っていないので、結局やれることは大きく変わらない。

ジェンセンがせっかく面白機械人間なのだから、いろいろな振る舞いを早くしてみたいものだけど。

ただ余りに多機能だけど、コントローラーを握っているこっち側の人間の頭がついていけなくなるんだけど。

バットマン アーカム・ナイト』なんかがバットマンやモービルが多機能すぎて、操作が追い付けなかったゲームだった。

さて、次回は「タスクフォース29」本部に向かう「M4:味方の中に…?」の攻略やレビューを書きます。

 

関連記事

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーリンク