sibafutukuri

ニュース、音響系音楽、文学、アニメ、映画について、ゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

ゴジラと巨神兵

スポンサードリンク

 

f:id:sibafu:20160806155320j:plain

 

 

 『シン・ゴジラ』を見てきた。よかった。かなーり政治性が強かった。国民的というか、国民映画。「戦後」を越えて、ポスト3.11の今だからこそ意味のある映画。

 

 ゴジラは凶悪な怪物で、まさに『風の谷のナウシカ』の巨神兵。作品としてもキャラとしても「エヴァっぽさ」もあるけど、結局そのぽさって特撮作品やナウシカから来ている気がして、エヴァ以前の要素が頭に浮かぶ。エヴァもそうだったけど、巨神兵に固執し続ける庵野秀明の姿が見える。

 

 電車が総ぶつかりしていくシーンは劇中ではシリアスなんだけどスクリーンのこちらとしては笑うしかなかった。

 

 「現実(ニッポン) 対 虚構(ゴジラ)」というキャッチコピーは見る前は半信半疑だったけど、見終わると納得できる。でも、自然災害や人災の象徴でもあるゴジラは、時には津波、時には核攻撃として現実化するのだから、現実としては「虚構」で終わらせてくれないので現実逃避するか戦うしかない。

 

f:id:sibafu:20160808210424j:plain

 

 『風の谷のナウシカ』の原作版巨神兵。どことなくウルトラマンっぽくもある。

 

 


『シン・ゴジラ』予告2


自衛隊マーチ

 

関連エントリー

sibafu.hatenablog.com

  スポンサードリンク