読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

若干のパラダイス

Google AdSense


二日酔いだろうか
夕方七時
さして腹は減っていないが
習慣のために済ませておきたい食事
酒を飲みながら
あまったるく生ぬるいカレー
温度は確かに熱いのだが
食感も辛みのなさも生ぬるい
だから食事はめんどうだ
タバスコを何滴も垂らした
猫のやつが飯をくれと鳴く
びみゃあ
飯も水も器に入れてやる
ひと粒でもいち秒でもはやく
獲物を食らいたい彼らだ
おれはスプーンでカレーを掬う
口へと運ぶ
フィジカルに
横軸へと
瞬きひとつで
感覚が10センチくらい飛んだ
酔っているだけなのか
カレーに変なものでも入っていたか
覚醒剤のようなタバスコだ
メキシコに10センチちかづいた
裸眼なせいもあって視界も
震える両手との間隔も疑わしい
ふだんの意識も意思もズレていく
現在の実際のこのボディと
おれの持つ間隔の位置が一致しない
飯をやったのに猫が鳴く
みにゃあ
手で誘って腹を撫でてやる
悲鳴を上げる
びゃあ
タバスコの瓶を掴む
もう何滴も垂らしてやりたくて
小さな赤く丸い蓋が逃げる
床へと転がる赤
鼠を追うかのような猫のやつ
捕まえた
舐めた
悲鳴を上げた
断末魔のようだ
んびゃあ
酒を飲む
外へと逃げていく
タバスコとカレーと白米を混ぜる
暗闇へと見えなくなる
カレーを食べる

広告を非表示にする

スポンサーリンク