読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

ハタから見るお祭り

Google AdSense


どうやら冬季オリンピックをやっているらしい
ソチ?
スノーボードとかフィギュアスケートとかカーリングとか
ぜんぜん興味がないのだが、目には入ってくる
しかし、ここ一週間ほど、ずっとフィギュア―スケートの話題を目にする
ヤフートップ画面のニュースとか
ケータイとか山手線のモニターとか?
こんなに長くやるものなのだろうか
いや、別に非難しているつもりではないのだけれど
なんとなく不思議な感覚に陥るのだ
もしかして、今は日々という時間が進んでいなくて、
同じ一日を繰り返しているのではないかと
他の全ては順調に変化しているにもかかわらず、
このフィギュアスケートの日々連続する既視感の影響で、
それを含めた全てさえが停滞しているように感じてしまう
興味がなくても
もはやオリンピックに不参加ということは不可能なのだろう
すくなくとも日本の都市にいれば
そこで生活していれば
参加していないつもりでも、
いつの間にか参加賞のポケットティッシュを右手に持っている
それがこの連続する同じ一日の感覚なのではないだろうか



広告を非表示にする

スポンサーリンク