読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画などについて書こうかなとおもっています。

眼鏡は私

雑記
Google AdSense

 


眼鏡がなければ生活ができない。
雑誌は特に裸眼ではとても読みにくい。
判型が大きいとどうしても活字が目から遠ざかる。
なので、眼鏡を探す。
眼鏡がまず見当たらない。
見つけてもぼやけた視界で触れると床に落とす。
そういう時、眼鏡がなければ生活できない、と思うのだ。
そう思った時、眼鏡は私ではないか?とも思う。
眼鏡=私。
私=眼鏡。
眼鏡はたいていレンズだけでも本人に合わせて作る。
オーダーメイドに近い物体だ。
眼鏡は私に合わせて作られ、
私は眼鏡に合わせて作られていない分、
まだ私に優位性があると考えられる。
とは言え、私は眼鏡がなければ生活できない。
原初がどうかは別として、
私が眼鏡に合わせて徐々に変態しているのは事実だ。
そこに眼鏡があるから、私は眼鏡になるのだ。
でも、考えてほしい。
私は服なしに生活できるだろうか?
私は貨幣なしに生活できるだろうか?
そう考えた時、どこまでが私で、どれが私で
財布の中の漱石野口英世樋口一葉も諭吉も、
私ではないと言い切れるだろうか。
眼鏡が私であれば財布も漱石も私である。
極論だが、言ってしまえばそうなのだ。
他人というのもそうで、
他人が私でなく私が他人でない、とも言い切りがたい。
コンビニにて、
私が私である漱石を店員に手渡して
コカコーラを買うとする。
店員というのは誰でもできるが、
誰かがやらなければ買い物ができない。
私がやってもいいのだ。
店員は、
お釣りを渡す時にふわりと私の右手を包んでくれる、
その金髪のイケメンでもいいし、私でもいい。
店員が私の眼鏡ほど私に合わせて作られていないから
あまり必要性とワタクシ性を感じさせないだけで、
彼もまた私なのだ。
私だってエゴイストになる時があるだろう。
それでもいつもではないつもりだ。
対して、自然なほど常にエゴイストな人も存在する。
自分が自分で独立しているとでも思っているのだろうか。
私にとっては至極不思議な思考だが、
いるものはいるのだから仕方がない。
そういう人は眼鏡をかけてみればいいとおもう。
逆に言えば、私が生粋のエゴイストにならずにすんでいるのは、
眼鏡をかけはじめたからだろう。




私の個人主義 (講談社学術文庫)

私の個人主義 (講談社学術文庫)

スポンサーリンク