sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

湯気

スポンサードリンク

コーヒーを入れるために湯を沸かす。
この時間。
薬缶が湯気を立てるまで。
湯が沸くまで、例えば急いでいるときなどは、
ただただ退屈で煩わしく思うときもあるだろう。
でも、仕事でも趣味でもないような、
隙間に落ちたような時間に思えるときもある。
それがなかなか心地いい、と改めて思った。
なんでもないような、
なにもしなくていいような、
なにをしてもいいような、
でも特にすることもない、
そういう時間。
そういう時は、猫たちと戯れたり、
冷え切った手や足をストーブで温めたり、
最近はめっきり読んでいない新聞を、
この時ばかりは手持無沙汰だから大体一面だけ
読んだりしてみる。
ただ湯が沸くのを待つだけ。
そして、一口めの熱を感じさせるコーヒーが
待ち遠しいだけ。
目的がなんでかあるかぼやけた時間。
湯気によってこの一瞬、視界がゆらぐけれど、
それもわるくない。
特にいまは冬の寒い時期だからいいのかも。




さっき読み終わった三好銀さんの
『海辺へ行く道 夏』というマンガがよかった。
ほかの作品も読んでみたい。




そして新たに公開されたEluviumの新曲、
"Envenom Mettle"も、聴いてみたらよかった。
Explosions In The Skyのギターのひとが参加。







海辺へ行く道 夏 (BEAM COMIX)

海辺へ行く道 夏 (BEAM COMIX)

  スポンサードリンク