sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

雪とエルヴィウム

スポンサードリンク

Lock Haven University - Eluvium


  “Lock Haven University”と動画のタイトルにあって、動画の説明には“Walking around in a snow storm on the dike at Lock Haven University”と記されている。ロックヘブン大学とは、アメリカのペンシルベニア州ロックヘブンにある大学らしい。ある学校情報の「学校周辺の環境」にはこう記されている。

  ペンシルベニア州ロックヘブンは人口約1万人ののんびりとした田舎町。フィラデルフィアには車で約2時間、ニューヨークやワシントンD.C.には約3時間で行くことができる。自然に囲まれている町なので、夏はハイキングやフィッシング、冬はスキーやスノーボードなどが存分に楽しめる。ペンシルベニア州は、アメリカ独立宣言や合衆国憲法の起草と署名が行われたアメリカ東部でも歴史のある地域。町には並木道やビクトリア朝の建物が立ち並び、美しい景色を楽しむことができる。

(「ロック ヘブン大学 (運営:FLS) 学校情報」、http://www2.ryugaku.co.jp/school_search/school.php?SC=USPA140)


  また、ペンシルベニア州Wikipediaのページには地図が載っていて、それを見るとこの州の位置が分かる。ペンシルベニア州は、アメリカの右上の橋のカナダに近いところにある。


  というように、いろいろと調べなければロックヘブン大学やペンシルベニア州のことはちっとも分からないけれども、この動画が好きだ。少し吹雪く雪景色の中をハンディカメラで撮影しながらただ歩いている映像と、eluviumの“Seeing You Off the Edges”(アルバムの“Copia”[2007]に収録されている)という曲がとても合っている。映像は手ブレしまくっているが、歩行者の視点そのままのようでいいとおもう。その映像のブレのせいで、雪道を歩いた記憶を思い出すのだから。こういうところに一度は暮らしてみたい。


  アンビエントやドローンなどの音響は、やはり景色に合う。eluviumは特にそうだ。景色が音響であるようで、音響が景色であるような音楽だとおもう。音楽の前景のもっと奥でたまに聞こえる高音が、車が発するキーキー音だったり、誰かの声だったり思えるようで、気持ち悪くもあるかもしれないが、私は聞こえると嬉しい。


  以前YouTubeに、eluviumの“Taken”を『プライベートライアン』の序盤の上陸シーンで流している動画があったけれども、たぶん消されてしまった。その動画も、これのように素朴な映像と音響が独特に混ざり合っていた。


Copia

Copia

  スポンサードリンク