sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

ぼやける視界

Google AdSense


尊敬されたいとか、尊敬しているとかよりも、尊敬したい。
尊敬をしていたい、ということ。
その人を尊敬していたい。
自分の中でその人を大切にしていたいとおもう。
それは勝手な気持ちで自分に嘘を付くことでもある。
それに、その人の本当を見ないことになるかもしれない。
だから失礼ではあるのだろう。
結局、尊敬の眼鏡を通して見ていると、お互いの間には尊敬の壁ができてしまう。
その尊敬は子供だ。
言葉で言うのは簡単だ。
だが、ガキのツラをしていて恥ずかしくないのか。
大人であれば良きところも悪しきところも、敬えということか。
でも、未だわたくしは人のすべてを許せないから。
自分に嘘をついて、見たくないところを見ないようにしがちなのだ。
でもやはり、それは失礼なことだろう。
敬うことができれば、本当にその人を愛せるように思える。
自分の中で、その人がとても高い位置に居ることになる。
そこに居てもらうためには、尊敬の眼鏡を掛けたままでいるしかない。
完璧なひとなんているわけないのだが。
にもかかわらず、それを求めるようになる病気を患っているように思える。
いや、本当に相手を求めているかどうかも怪しいものだ。
理想を高く位置して、それにわざと届かないようにしているとか。
だから、尊敬に値しないひとは、必要ではないと思いこむ。
そういうストラテジーを心で働かせているのかもしれない。
肉体としては必要ではあるかもしれないが。
本心として、必要ではなく必要である。
社会とか環境の要請なんじゃないか。
よく知っているがまったく知らない人から、押し売りをされている気がする。
わたくしにはもう要りません。
そう言い切れたら良いのだが。
実際、必ずしもそうではない。
どこかで自分に、社会に嘘をついて、見栄を張って。
結局、恐いという理由から逃げているだけだ。
めんどうくさい?
嘘だ。
恐いだけだ。
わたくしには彫像しかもうおもえないのかもしれない。
でも、それでも。
彼女は美しいと思わないか?
そうだ。
おれは彼女を美しいと思っていたい。
一歩先は、崖か、晴れ渡った山頂へ続く山道か。
その一歩に怯えているのだろう?
でんでんむしだ。

広告を非表示にする

スポンサーリンク