sibafutukuri

ニュース、音響系音楽、文学、アニメ、映画について、ゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

空からの爆撃

スポンサードリンク

  先日買ったCDの一枚がExplosions In The Skyの“All Of A Sudden I Miss Everyone”。“Explosions in the Sky is an American instrumental post-rock band from Texas.”(“Wikipedia”より)。同アルバムは二枚組のものもあって、二枚目が“bonus disc of remixes”でeluviumによるリミックスもあるようだ。残念ながら今回買ったのは一枚組のものだった。


  Explosions In The Skyはeluviumやsonnaが所属している(していた)Temporary Residence Limitedというレーベルから音源を出していて、このアルバムもTemporary Residenceから出されている。Temporary Residenceの“Thank You”というコンピレーションアルバムがあって、それにExplosions In The Skyの‘The Long Spring’が収録されていて、CDとして聴いたのはこれだけだった。この曲も良いのだが、このアルバムのトリの11曲目に収録されているsonnaの‘The Closer’がとても素晴らしい。


  Explosions In The Skyの存在は数年前から知っていて曲も何曲か聴いたことがあったけれども、単独のCDを買うのは今回が初めてだ。というのも、彼らが(音響系の中では)有名すぎることと、どことなくエモ(Emo[emotional])臭さがあることなどから敬遠していたからだ。以前から思っていたが、“Explosions In The Sky”という語感からしてエモ臭い(後述の“65daysofstatic”も同様の印象)。Saxon ShoreやCaspianと同じくExplosions In The Skyもポストロックであり轟音系と言えるだろう。そして、その三つのバンドに共通しているのがどれも微かではあるけれどもエモ臭さがある、ということだ。ポストロックに(一応)含まれるけれどもエモ臭いという、知っているバンドで最たるものが65daysofstaticで、彼らの音楽は聴いていて恥ずかしくなる。


  轟音系だとエモっぽくなってしまうのか、エモ=轟音なのか、そこらへんはエモ(あるいはスクリーモなど、そちらの方面)に詳しくないから分からないが、その微かなエモさは嫌いだ。でも、Saxon ShoreもCaspianも好きだし、今回Explosions In The Skyの“All Of A Sudden I Miss Everyone”を聴いて彼らも好きになった。

Explosions in the sky - First breath after coma

So Long, Lonesome

Explosions In The Sky - The Long Spring

All of a Sudden I Miss Everyone

All of a Sudden I Miss Everyone

  スポンサードリンク