sibafutukuri

ニュース、音響系音楽、文学、アニメ、映画について、ゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

頭痛の文体

スポンサードリンク

  吉祥寺へ友人らのライブを観に行く。ライブハウスへ行く前に、ディスクユニオンへ寄る。やはり、目当てのジャンルの棚がすぐにはみつからない。店内を一周歩き回ってエレクトロニカの棚は見つけられた。そこには目ぼしいと思うものがほとんどなかった。だが、Nikakoiのアルバムが一枚目に入る。“Shentimental”。しかもジャケットを見て気がつくのは、それが昨日か一昨日の夜に、Youtubeで数曲を再生していたものであったということだ。だが、聴いてみた曲はあまりよくはなかった。だが、私にとってこのNikakoiというアーティストは、エレクトロニカ界での伝説的存在だ。なにが伝説かというと、今まで何度も流してはいるものの、一枚も彼のCDを手に入れることができないという、その入手難度だ。といっても、彼の名はよく目にするし、ニコニコ動画エレクトロニカ関連の動画にもよく含まれていたりするのだが、なぜだかCDがない。けれども、今日それを見つけたのだ。だから買ってしまった。時間まで、ポストロックの棚をグルグルと探していたが、結局見つからなかった。頻繁に模様替えをするこの店にはうんざりだ。しかも、年々来るごとに品物の質が落ちているように思える。ライブはおもっていたより楽しかった。チェロの押しつけがましくもなくさっぱりとしすぎてもいない、あの優しさはなんだ。惚れてしまうのだった。「虹」によって、くるりを聴きたくなった。モスコミュールを飲んだ。普段会わない人と会い、話せたからよかった。だが、レコード屋で目を凝らして物色していたせいか、あの爆音とライブハウスの空気とBGMが流れる中での雑談で大声を張り上げなければならなかったせいか、定かではないが、この目から上を包み込むようなじんわりとする頭痛が止まない。Nikakoiのアルバムをいま、インポートし、一曲目を再生する。Youtubeをブラウザで開いていたから、そこから流れているのかと間違えた。というのも、一曲目がたまたまよくそこで聴いているお気に入りの曲だったからだ。‘Uuusmine’。PVかは知らないけれど、この映像と音楽の融合は怖い。暗闇に居ると、くつわをしてタキシードを着た犬や赤頭巾で魔女のような白人のおばあさんとかが現れたり、薄汚れた白いウサギの怯える顔が闇に浮かんできそうな怖さだ。でも、然れば、なるほど美しい。

Nikakoi - uusmine

  スポンサードリンク