sibafutukuri

ニュース、音響系音楽、文学、アニメ、映画について、ゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

暇が不安をわたくしさせる

スポンサードリンク

  風呂場での身体洗浄において、蒙溟(もうめい)に迷盲する言語活動はセルフプロデュースしそれをセルフメモライズす。歪曲も共に、こうしてセルフリプロデュースする。一昨日の夜に、他家製梅酒をほぼストレートでマグカップ半分くらい飲み干し、つぎにレモンチューハイをひと缶開けた。それだけでとある酔いどれの完成であった。肉体の疲労の蓄積は原因としてあるが、それにしても時間的余裕が不安をわたくしさせたのがもっとも障害であった。だから、昨日は正しく酔いつぶれていた。ぐだぐだをするか眠っているかの二択であり、あらゆる活動においてアンダーカレントでの悪循環が起こる。そしてこうして、深夜一時過ぎにむくと起き出すと、からだじゅうが鈍く痛みを訴える。(もう丸二日間は、フィジカルアクティビティを働き続けよう)。特に両肩には双子のサタンが薄気味悪い笑みを浮かべながら座席をこしらえ、シザーズプレスが身体及び精神を圧しつぶそうとするのである。こうしてわたくしは風呂場での、ある種のラングウェイジセンスのカラプスを経験す。そうだ、我々はゴールドフィッシュ・キングダムを設立せねばならない。そのためにも、デパーチャ―までのわずかの間は、ディフューズラーニングに時間と知力を捧げようではないか。ピィプ(● ω ●)




  一度カラプスを経験した頭蓋には、Sonnaの‘The Opener'が木々の呼吸のごとくひどく新鮮にひびく。閉じるのはまだ早い(http://www.myspace.com/sonnamusic)

  スポンサードリンク