sibafutukuri

音響系音楽、文学、アニメ、映画あるいはゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

「永遠に一方的欲求」

スポンサードリンク

こんな文章を以前に書いて閉じ込めておいていたことを思い出した。
以下、そこからの引用。

Aphex Twin


Aphex Twin(Richard David James)の
Richard D. James Albumというアルバムがある


その中の数曲を聴いていて感じたのが
最高にエロいということ


色っぽいとも言い換えられるが、少し違う
艶やかという言葉が近い気がする


これ程までにエロさを感じたことは今までにないと思う


暗闇のなかでヘッドフォンを着け
そのなかに入り込み、自己も他者もなくて
眼中にはそれしか入らない状態


その曲に、というよりもその音に
基盤となる他の音を除いて残った音に
夢中になり、非生物であるものにもかかわらず
異性に見る魅力と似た魅力が生ずる


それを恋と例えるとしたら、永遠に一方的欲求になるのだが
手中に留められぬことはさほど問題ではなくて、
ただ単に、巡り合えたということが重要である


だが、この場合には既に以前から知っていた曲達の
その中の音々であるので
隣人の未知の素晴らしい部分を見つけたとか
嫌悪を抱いていた部分を善として見られるようになる
そういう喜びだと考えられる


そういう瞬間が得られたということをここに記す
(2008.10.02)

  スポンサードリンク