sibafutukuri

ニュース、音響系音楽、文学、アニメ、映画について、ゲームの感想、攻略などについて書こうかなとおもっています。

映画

【コミティア】望月ミネタロウ&ブライアン・リー・オマリーのトークライブ【スコット・ピルグリム】

海外マンガフェスタで催された、望月ミネタロウ&ブライアン・リー・オマリーのトークライブを聞いてきてなかなか面白かったので、内容を紹介したいとおもいます。

ハイテンポな会話劇は現代人に嫌われる - 『シン・ゴジラ』と『オカルティック・ナイン』の早口合戦

『シン・ゴジラ』地上波初放送/「シンゴジ」おじさんと「君縄」信者/ゴジラと巨神兵ライムスター宇多丸の『シン・ゴジラ』評/酷評されまくる『シン・ゴジラ』/『シン・ゴジラ』は実況に向かない/ハイテンポが強みでもあり弱みでもあった/『オカルティ…

【Netflix】オススメ13作品(ドラマ、映画、アニメ、バラエティ)

1.ベター・コール・ソウル 2.13の理由 3.フラー・ハウス 4.マスター・オブ・ゼロ 5.アンブレイカブル・キミー・シュミット 6.ザ・ランチ 7.ウォー・マシーン:戦争は話術だ! 8.砂の城 9.ノーカントリー 10.ビッグ・リボウスキ 11.B…

90分間撃ちまくり!! - 映画『フリー・ファイヤー』の感想

目次 目次 見事な銃撃戦の臨場感&笑えるおバカ映画の『フリー・ファイヤー』 スタッフ・キャスト ストーリー・あらすじ みんな銃撃つのヘタすぎ!!おかげで泥仕合に… ジョン・デンバーの爽やかな歌とのミスマッチ感が凄くいい 劇中の舞台は70年代? 映画館…

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』のあらすじと感想 - 見事なハリウッド版攻殻(ネタばれなし)

はじめに 企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても 国家や民族が消えてなくなる程 情報化されていない近未来 アジアの一角に横たわる 奇妙な企業集合体国 日本…… (士郎正宗『攻殻機動隊』より) 以上は漫画原作で士郎正宗の『攻殻機動隊』の書き出…

『ひるね姫』を見ているこっちはねむり姫(ネタばれなし)

目次 目次 ねむり姫 神山健治の最新作 誰が見る映画か? 高畑充希の声がかわいい、ロボットのSF感もなかなか なにを喋っているのかわからない 感想いろいろ 関連記事 ねむり姫 アニメ映画の「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」を見てきたので感想を。 途…

映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』の感想 - デイヴィスってアスペルガー症候群だよね?

『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』を見てきた 傘を持ってないのに映画館を出たら雨が降る新宿だけど『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』 を見てきた。不思議で複雑な映画だけどめちゃくちゃ笑えるし凄く切ないし良い映画だった。ジェイク・ギ…

映画『ラ・ラ・ランド』の感想 - La La Landの意味とは?

『ラ・ラ・ランド』を見てきた。ネタばれなしの紹介と感想。 監督は『セッション』のデミアン・チャゼル。ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが共演。 2017年2月26日(現地時間)発表のアカデミー賞で、エマ・ストーンが主演女優賞を受賞。ほかにも監督賞…

映画『マリアンヌ』の感想 - 若返ったブラピ

『マリアンヌ』を見てきた。ブラッド・ピットとマリオン・コティヤールがスパイ夫婦役で出演。監督のロバート・ゼメキスは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『フォレスト・ガンプ/一期一会』のひと。 あらすじ カサブランカで出逢い、一瞬で恋に落ちた。…

映画『ドクター・ストレンジ』の感想とあらすじ- 時空を超える力

一番見たかったのは『スノーデン』だったけど、時間が合わなかったので『ドクター・ストレンジ』を見てきた。 ベネディクト・カンバーバッチ主演、マッツ・ミケルセンがライバルとして登場するマーベル・スタジオによる『アベンジャー』系列のヒーロー映画。…

映画『沈黙 -サイレンス-』の感想 - 神だとか神じゃないとか

公開初日の1月21日にマーティン・スコセッシ監督の『沈黙 -サイレンス-』を見てきた。 遠藤周作の原作も窪塚洋介も好きだからすごく気になってはいたけれど、すくなくとも原作は陰鬱な雰囲気なので見るのが気が重かったけど……。 以下ネタばれあり。 沈黙 (新…

エログロど変態な映画『ネオン・デーモン』の感想

ニコラス・ウィンディング・レフン監督、エル・ファニング主演の『ネオン・デーモン』を見てきた。エログロど変態シンデレラストーリーで、そういう覚悟はしていたけどそれでもちょっと引いてしまった。でも、トンガリ切った映像と音のなどによる演出はやっ…

『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』の感想 - ただの無法者かヒーローか

前作『アウトロー』(原題:Jack Reacher・2012年製作)が好きなので、2016年11月11日に公開した『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』も観てきました。 ちなみに前作と話は繋がっていないので、観てなくても今回の映画は楽しめるとおもいます。でも、前作…

ダメ男っぷりに救われる『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』

おととい『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』を見て、昨日『ヘイル、シーザー!』を見た。どちらもコーエン兄弟が監督で、なにをしたいのか、なにを観客に見せたいのか、自分には理解が難しかった。『ヘイル、シーザー!』に至ってはコメ…

藤沢周の『武曲』 が実写映画化、という噂

武曲 (文春文庫) posted with ヨメレバ 藤沢 周 文藝春秋 2015-03-10 Amazon Kindle 楽天ブックス kobo 藤沢周さん原作の剣道小説『武曲(むこく)』 。一か月くらい前からか、ブログの検索履歴に「武曲 映画」というキーワードが増えてなんだって思ってたけ…

怒り

人気俳優大好きっ子みたいなミーハーみたいに思われそうでなんだか言い出しにくいもんだけど、公開初日に見てしまった李相日監督の『怒り』。 とは言いつつも、いい映画だった。見てよかった、という感想。ストーリーはよくわからない、というかわかるけどミ…

ゴジラと巨神兵

『シン・ゴジラ』を見てきた。よかった。かなーり政治性が強かった。国民的というか、国民映画。「戦後」を越えて、ポスト3.11の今だからこそ意味のある映画。 ゴジラは凶悪な怪物で、まさに『風の谷のナウシカ』の巨神兵。作品としてもキャラとしても「エヴ…

『レヴェナント』と『ゴールデンカムイ』のサバイバル

映画『レヴェナント:蘇えりし者』第2弾予告編 『レヴェナント:蘇えりし者』を観た。 『WIRED』Vol.22にさりげなく主演のレオナルド・ディカプリオと音楽の坂本龍一のインタビューが載っていてそれを読んでしまえば、観に行くしかなかった。 ディカプリオ「…

2016年4月の読書

世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫) 作者: マイケル・ルイス 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/01/15 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件) を見る 2016年4月の読書メーター読んだ本の数:3冊読んだページ数:1008ペー…

『亜人』から考える生と死の境目

www.youtube.com NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2016年 4月号 [雑誌]作者: ナショナルジオグラフィック出版社/メーカー: 日経ナショナルジオグラフィック社発売日: 2016/03/30メディア: 雑誌この商品を含むブログ (2件) を見る …

『バットマン vs スーパーマン』の感想

マン・オブ・スティール [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント発売日: 2016/02/24メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (10件) を見る 『バットマン vs スーパーマン』をIMAXで観てきたけどなんか疲れた。 ジェシー…

『マネー・ショート』と『ジャッキー・コーガン』

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』予告編 ブラッド・ピット製作・主演の『ジャッキー・コーガン』は表面的にはギャングの闘争を描いていて、予備知識なしで観た日本人には全く分からないくらいに、サブプライム住宅ローン危機からのリーマン・ショックを…

最近Amazonで観た日本のドラマ

勇者ヨシヒコと魔王の城【テレビ東京オンデマンド】メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログ (1件) を見る勇者ヨシヒコと悪霊の鍵【テレビ東京オンデマンド】メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログ (1件) を見る●「勇者ヨシヒコ」シリーズ 山田孝…

まだ誰も知らない山田孝之 『実録山田』

実録山田作者: 山田孝之出版社/メーカー: ワニブックス発売日: 2016/03/12メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (6件) を見る 山田孝之さん( @yamadatakayuki_ )の『実録山田』買ってしまった。とりあえず、序文はかなり面白い。握り飯か…

アニメの『ピンポン』をまた観た

ピンポン(1) (ビッグコミックス)作者: 松本大洋出版社/メーカー: 小学館発売日: 2012/09/25メディア: Kindle版購入: 2人 この商品を含むブログを見る TVアニメ『ピンポン』PV アニメの『ピンポン』をまた観た。 一ヶ月くらい前に、急に読みたくなって漫画…

二度目の『ジャッキー・コーガン』を観て原作を読んだ

ジャッキー・コーガン スペシャル・プライス [Blu-ray]出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)発売日: 2014/11/05メディア: Blu-rayこの商品を含むブログ (2件) を見る 二度目を観るためにどうせなら、ということで『ジャッキー・コーガン』のブルーレイを最近買…

スコット・クーパー監督『ブラック・スキャンダル』を観た

『ブラック・スキャンダル』を観た。 『ファーナス/訣別の朝』のスコット・クーパーが監督。ボストンの犯罪王役のジョニー・デップが主演でその弟の政治家役がベネディクト・カンバーバッチ。 始めの30分くらいは睡魔と格闘の末、余裕で負けていたわけで、…

散歩からの『スぺクター』

土曜日に三鷹駅に用事があったついでに、玉川上水を遡って小金井公園内にある江戸東京たてもの園に行こうとおもい歩いてみたところ、1時間くらいかかってけっこう疲れた。 小学生くらいの頃、学校から歩いた記憶があってそんなに距離があった気がしていなか…

『ファーナス/訣別の朝』 - 虚しさとハードボイルドの世界

『ファーナス/訣別の朝』を見た。監督はスコット・クーパーという人でさほど有名ではないけど、クリスチャン・ベールとケイシー・アフレック、ウィレム・デフォー出演、リドリー・スコットとレオナルド・ディカプリオが制作に関わっているということもあり…

だれも知らない建築のはなし、村野藤吾の建築、鈴木理策写真展

渋谷のイメージフォーラムで「だれも知らない建築のはなし」を見て、 目黒区美術館での展示「村野藤吾の建築−模型が語る豊饒な世界」を見て、 初台で「鈴木理策写真展 意識の流れ」を見てきた。 さすがに三軒は疲れる。 ・「だれも知らない建築のはなし」 磯…

  スポンサードリンク